岡山北西ロータリークラブ
運営方針  
竹本会長 
竹本千代子会長
  私たちのクラブは、会員相互の信頼と友情を大切に歩み続け、本年で創立
28年目を迎えました。歴代会長の方々をはじめ多くの先人が、奉仕や同好会
活動はもちろんのこと、家族を交えた交流会など、全てに情熱を持って取り
組んで来られました。私もその伝統と実績を大切に受け継ぎ、さらに情熱と
勢いのあるクラブにするべく奮闘したいと誓っております。
何より、今夏にはホストクラブとして、インターアクト地区大会を成功に導
かなければなりません。
 さて、今年度RI 会長のバリー・ラシン氏がテーマとして掲げたのは「BE 
THE INSPIRATION(インスピレーションになろう)」会員や地域の人々へ
のインスピレーションとなって次世代のために持続可能な活動を行うようにと呼びかけてくれました。
「インスピレーション」は、感化、鼓舞、奮い立たせるといった意味のある「インスパイア」の名詞形
つまり「BE THE INSPIRATION」には、人々を感化し、鼓舞し、奮い立たせる存在になろうという
意味が込められていると伺いました。
 また、末長範彦地区ガバナーは、地区スローガンを「チャレンジしよう」とし、AI などにより時代
のシンギュラリティ(特異点)を迎えたと言われる今、次世代につなぐ持続可能なクラブであるべく、
既存の価値観にこだわらず新たなことにチャレンジする姿勢を示されました。
 そうした思いを背景に、今年度の私たちクラブのスローガンは、「直き・諒・多聞を友とし、クラブ
に友愛を」としました。論語にある「直(なお)きを友とし、諒(まこと)を友とし、多聞(たもん)
を友とするは、益(えき)なり」にインスパイアされたスローガンです。
これには、「正直な人、誠実な人、見聞豊かな人を友とするのは、有益である」という意味があります。
地域における「インスピレーション」になるために、「チャレンジ精神」を持って、自らが正直で誠実
な奉仕の心に満ち、さまざまな学びを通して見聞豊かな人となる努力を続けて行かなければなりません。
また、学びを通して、クラブの絆を深めるのはもちろん、ご家族や地域とも友愛の輪を広げ、人として
成長することで職業奉仕ともなるとの思いを込めました。
 会員皆さまの寛容の精神により、この一年がおひとりお一人にとって、楽しく有意義な一年となりま
すよう共に努めてまいりましょう。

活動方針
〔重点目標〕 
  会員増強 純増6 名
  学びの場である例会の充実。
  会員相互の理解と親睦を深める、家族例会、夜間例会の充実。
  各委員会活動の充実。
  高校生による歴史・文化研究フォーラムの成功。