[2019-20年度]

■クラブ奉仕委員会 


委員長 岡本 浩三

【運営方針】
 2019 ~ 20 年度の会長テーマは“ロータリーは世界をつなぐ”とマーク・ダニエル・マローニー
 RI 会長が発表されました。
 ロータリーが、より力強く地域社会とのつながりを、広げる為に奉仕活動や、プロジェクトの
 インパクトを成長させることと提唱されています。
 そして成功させるための鍵は、会員数を増やすことが、最も重要とむすばれています。  
 我々クラブも、お互いの、立場や、意見を交わす中にも、融和と、寛容の心を持ち、多様な職業
 の人々との、深い繋がりを大事に、楽しく、意義ある人生をめざし、年齢を超え、経験を享受し、
 若さに刺激される活動で有りたいと考えます。  
 今年度ひな壇も動かぬ飾りでは無く、会員諸氏の思いを多く聴かせて戴き、反映させる活動を目
 指します。ロータリーは楽しく、人生の糧に成る事が、一番です。そうすることが、会員の増に
 自信を持って勧誘することに繋がると確信します。

【活動計画】
 1.例会出席率を向上させる為に、各委員会との連携、協議を図り、規律有る中にも、
   意義と楽しい例会創りをする。
 2.地域社会のニーズに沿った奉仕活動を模索、企画し、ロータリーの存在価値を高める。
   会員各自の持つ情報を出して戴く。
 3.会員の多くに、発言の機会を創り、思いが反映されるクラブを目指し、内部卓話の充
   実と“増”、あるいはテーマを自由にしたスピーチの場をつくる。
 4.夜間例会ほか、夫人同伴の機会には、多くの参加出席を呼び掛けたい。
 5.三年未満の新会員の皆さんに、自由に発言できるロータリー勉強会を創立会員また
   は、精通の会員を中心にして立ち上げたい。
 6.友好クラブとの交流を、活性化するために、再検討する。京都朱雀と関係は更に密に
   し、加えて新規の友好先を模索し、検討課題とする。
 7.同好会活動を、活発にし、会員諸氏の参加を呼び掛ける。


■会員増強委員会(職業分類・会員選考)


委員長 樋口 芳紀

【運営方針】
 ・会員数60 名を目標にし、増員を目指す。クラブ運営において増員は一番大切なことで
  あり、30 周年に向けふさわしいクラブ会員数にする。
 ・女性会員の入会をさらに増強していく。
 ・会員通しのコミュニケーションをはかり、例会欠席や退会の防止に努める。

【活動計画】
 1.会員からの入会希望者の情報があれば例会・IDM 等に招待してクラブでアプローチしていく。
 2.会員が所属する他の団体に積極的にアプローチをかける
 3.クラブのパンフレット・HP・SNS の活用で勧誘に活用していく。
 4.クラブの中で老若垣根なく、全員が好意と友情を深めるように委員会や同好会等と連携する。
 5.退会防止として例会欠席が多い会員には委員会と連携して声かえを積極的に行う。
 

■プログラム委員会

委員長 堀川 辰也

【運営方針】
 本年度のクラブスローガン「ロータリーを楽しもう」を実現するため、例会の半分の時間を
 使う卓話等のプログラムを充実させ、会員の満足度と出席率の向上に繋げ、クラブの活性化
 に寄与するよう努める。
 
【活動計画】
 1.外部卓話は、年間で10 回程度とし、会員の見識を高めるような卓話者を招聘する。
 2.内部卓話は、年間で14 回程度とし、会員相互の理解を深めるような卓話をして頂く。
 3.五大奉仕委員会と協力し、各奉仕をテーマとするクラブフォーラムを充実させ、会員
   のロータリーに対する理解を深める。 

 
■親睦活動委員会

委員長 小松原 隆代

【運営方針】
 会員相互が理解と友情を深めるための役目を担う親睦活動は、「奉仕の理想に集いし友」の
 言葉に伴い融和と固い絆を目的として、年間行事をより楽しく、有意義に過ごせる企画を実
 施するよう務めます。また、当クラブは年齢層が幅広く、趣味も多種多様であることから、
 クラブ内でのよき伝統の継承はもとより、各会員の知恵と技術の協力を得ることによって世
 代を超えた友情を培い、さらに親睦を深める活動を目指して参ります。家族例会等では、友
 好クラブ・家族委員会と共に、会員家族の皆様がロータリーへの理解をより深め、ご協力下
 さるよう工夫して参りますので、会員皆様のご協力をよろしくお願い致します。
 
【活動計画】
 1.会員相互の親睦
  ⑴会員・配偶者の誕生日および結婚記念日を毎月第一例会で発表、ショートスピーチ(1人) 
  ⑵会員の結婚記念日または誕生日に、自宅に花束を贈る
  ⑶夜間例会の企画・実施
    旧ひな壇慰労夜間例会(7月)、新年夜間互礼会(1月)
  ⑷親睦旅行の企画・実施
    家族旅行は、5 月頃実施予定(当年度は、京都朱雀RC との親睦旅行の実施はない)
  ⑸慶弔規定の実施  
    通夜・葬儀での受付
 2.家族相互の親睦
  ⑴配偶者同伴例会の企画・実施
    月見夜間例会(9月)、創立記念夜間例会(2月)、花見夜間例会(4月)
  ⑵家族同伴例会の企画・実施 
    クリスマス家族夜間例会 (12 月)
 3.親クラブとの親睦
  ⑴岡山北ロータリークラブとの合同夜間例会
    創立後、初めての企画である『月見夜間例会の合同開催』を滞りなく進める
 4.例会での親睦
  ⑴ビジターの歓迎と接待 
    受付での歓迎およびお席へのご案内、例会中の接遇
  ⑵会員相互の交流推進 
    会員来場の際のお出迎え(にこやかに声掛け)
  ⑶例会前の受付での事務局サポート
    事務局をサポートすることによって、全ての会員との交流を図る  

 
■家族部会

委員長 大賀 基弘

【運営方針】
 ロータリー活動にご協力、支えていただいているご家族の皆様の幸せを第一に考えて、
 会員同士、家族同士がより親睦を深めていける行事運営を推進する。
 
【活動計画】
 親睦委員会の企画・活動に連携協力する。
 クリスマス例会・家族親睦旅行に参加して良かったと思える活動をします。
 奉仕活動などにもご家族が参加しやすいよう企画します。
 
 
■出席部会

委員長  日笠 伸之

【運営方針】 
 ロータリークラブの活動は、例会出席が基本です。例会は、会員の親交を深めるとともに、
 奉仕の精神を高める場所でもあります。
 全会員が出席の重要性を再認識し、90%以上の出席率を目指します。
 
 【実施計画】
 1.欠席した会員には、メークアップを要請する。
 2.メークアップは他クラブの運営や活動を学ぶ有意義なものと捉え、他クラブの会員と
   親睦を深める良い機会との認識をしていただく。
 3.新会員が出席しやすいように全会員が配慮する。
 4.欠席の多い会員には諸事情を考慮しつつ、仲間として声掛けを行なう。
 5.各会員が有意義な例会と思えるように関係委員会と連携を図る。
 6.100%出席の模範的な会員を表彰し、会員の出席意識の向上を図る。

  
■会報部会(広報・雑誌)

委員長 久松 哲生

【運営方針】
 週報に例会内容と各委員会及び同好会の活動を掲載することにより、会員相互の親睦活動
 をサポートする。
 また、地域社会と共に行う奉仕活動を外部に発信することにより認知度の向上を図り会員
 増強の一翼を担う活動を行う
 
【実施計画】
 1.週報
  ⑴例会の記録、各委員会及び同好会活動並びに会員からの投稿・告知を掲載することに
   より情報を共有し、会員の相互理解に資するものとする。
  ⑵当クラブ会員以外の者の閲覧も考慮に入れ、目を引き付ける紙面にすることにより会
   員増強につなげる。
 (構成・運営)
   ①紙面は現行のA4サイズで4ページを基本とする。  
   ②原稿の締め切りは原則火曜日とする。  
   ③委員による校正を受けるものとする。
 2.広報
  当クラブの認知度向上の為、社会貢献活動等を魅力的に発信することによりロータリー
  クラブの理念と活動を周知する。
 (発信媒体)
   ①週報
   ②ホームページ
   ③報道機関
   ④その他
 3.雑誌
   ⑴「ロータリーの友」の記事を週報などで紹介する。
   ⑵「ガバナーニュースレター(月信)」の記事を週報などで紹介する。
 
 
■ロータリー情報委員会

委員長 竹本 千代子

【運営方針】
 クラブ会員、特に3 年未満の会員に対し、ロータリー設立時からの歴史、五大奉仕の目的、
 我がクラブの沿革などについて情報を提供し、ロータリーへの理解を深める。

【活動計画】
 1.年4回のIDM を活用して、特に入会3年未満の会員にロータリーに寄せる思いなど
   を発言してもらい、クラブならびに先輩会員に親しむ機会を設ける。
 2.ロータリー財団委員会や会報部会などと連携し、ロータリーに関する情報を会員に届
   ける。
 3.ロータリー財団や米山記念奨学会への寄付ならびにスマイルの必要性について折ある
   ごとに説明する。
 4.クラブ細則や手続要覧について説明する機会をもつ。
 5.地区大会やIM の詳細を事前に会員に知らせ、積極的な参加を働きかける。
 6.会員候補者にロータリークラブの特典と責務に関する情報を提供し、入会時および入
   会してから最初の一年間オリエンテーションを監督する。

 
■友好クラブ委員会
委員長 川西 熊雄

【運営方針】
 私たちのクラブは2001 年4月28 日の創立10 周年記念式典時に、RI第2650 地区京都
 朱雀ロータリークラブと友好クラブの締結を行いました。以来、国内の友好クラブという
 特長を生かし、会員のご理解と協力のもとに交流を深めてきました。今後も、両クラブの
 さらなる相互交流を図り、双方の有する歴史的風土を活かしつつ、友好と親睦の輪を広め
 ていくよう努めてまいります。
 
【活動計画】
 友好クラプ締結の趣旨に測り、両クラブの相互間において緊密な連携のもとに、以下の
 活動を行う。
 1.会員名簿、週報、クラブ活動計画書の送付。
 2.両クラブ会員が相互に訪問する機会をできるだけ多くつくり、交流会や共同奉仕活動
   に向けた意見交換を活発に行う。
 3.両クラブ間に慣例化している行事は全て本年度も継続する。
  1) 京都朱雀ロータリークラブを新年度の第一例会に表敬訪問をする。
  2) 両クラブ有志による「山登り」や「ゴルフ」を実施し、より一層の交流を深める。
  3) 両クラブ合同でできる奉仕活動を模索する。
 
 
■職業奉仕委員会

委員長 氏房 信明

【運営方針】
 ロータリークラプにおける職業奉仕とは、「四つのテスト」を基本として各会員の職業上の
 高い倫理基準を保ち社会生活に役立つ仕事すべてを価値あるものと認識し、社会に奉仕する
 機会として自らの職業スキルを実践することで社会的地位の向上に繋げることで ある。
 
【活動計画】
 1.例会場で「四つのテスト」を掲げ、 月に一回唱和して、会員の倫理基準の向上に努める。
 2.会員の所属先に勤務する社員を対象に優秀な社員の推薦を募り表彰する。
 3.会員企業の職場訪問もしくは、 内部卓話、外部卓話を行い、他職種の仕事の理解を深め
   職業における倫理性の向上に努める。
 4.機会あるときは、他部門と連携して地域行事の協力、福祉施設等の支援を行いロータリー
   の職業奉仕の広報活動に努める。
 
 
■社会奉仕委員会

委員長 鈴木 一生

【運営方針】 
 限られたマンパワーを有効活用するため、これまでの活動を維持継続しつつ、内容を
 充実させて行く。
 また、他のロータリークラブとの情報交換を行い、本クラブの活動 へのヒントを探す。
 
【活動計画】
 1.NPO法人子どもシェルターモモとの連携を継続し、困難を抱えている子供たちの自立へ
   つながる活動を行う。具体的には、会員との合同活動、職場体験、募金活動などを行う。
 2.地域社会に貢献するため、駅前や西川の清掃活動を行う。
 3.高校生による岡山の歴史・文化研究フォーラムのサポートを行う。
 
 
■国際奉仕委員会(米山記念奨学会)

委員長 野田 洋市

【運営方針】
 1.国際ロータリーの基本方針に則った支援活動を実現し国際貢献を目指す。
   クラプ会員の国際貢献に向けた奉仕活動への協力を要請する。
 2.米山記念奨学会についても会員に理解と協力を要請する。
 
【活動計画】
 1.岡山済生会総合病院との共催にて「外国人無料健康診断・健康相談」を引き続き企画、
   実行する。(岡山旭川RC へは共催を依頼する。)
 2.グローパルな国際奉仕事業実現は国境を超えたロータリアンの共同事業となる為、当
   クラブに於いても継続的な取組みテーマを検討したい。
 3.青少年奉仕及び社会奉仕委員会と連携し地区補助金事業に協力する。
 
 
■青少年奉仕委員会

委員長 山田 喜広

【運営方針】
 青少年奉仕活動を通じ青少年の成長支援や郷土愛を深めていただく。
 青少年の成長は無限と捉え成長できる環境をクラブ全員で支援を行っていきたい。
 また、自分自身が生まれた地域をより一層知ってもらい青少年が県外・海外に出た際に郷土
 愛を持って説明出来る様に育ってもらいたい。
 
【活動計画】
 地区補助金事業として「第5回高校生による岡山の歴史・文化研究フォーラム」を開催する。
  ・開催日  12 月15日(9時から17 時)
  ・開催場所 山陽新聞さん太ホール
  ・発表校  10 校程度予定
 クラブ全員参加でフォーラムを成功し高校生の成長を支援する。
  1.岡山県内の高校生が地元地域の歴史や文化を研究し発表する。
  2.高校生のチームで研究しあうこと・協力すること・話し合うこと・パソコンを駆使し
    資料作成すること・プレゼンすること・大勢の前で発表すること。
 高校生には多くの学びがありそれを実感し達成感の喜びも共有してほしい。
 
 
■インターアクト委員会

委員長 日笠 常信

【運営方針】
 提唱する岡山理科大学附属中・高等学校インターアクトクラブは、昨年度、第42 回インター
 アクト地区大会のホスト校を務めた。台風の影響で2 日の行程が1 日となったが、意義ある
 大会となった。準備に携わった理大中高インターアクトクラブの顧問教諭、クラブ員及び関係
 者に提唱ロータリークラブとしても敬意を表したい。
 当クラブは平素、法界院駅周辺の清掃、済生会ライフケアセンターでの奉仕活動、あしなが
 学生募金への参加、地区大会・指導者講習会への参加、文化祭で日本赤十字募金活動などを
 行っている。
 現在、顧問教諭2 名、クラブ員計11 名(高3 女1 名、高2 男8 名、高1・0 名、中3 女2 名)
 である。
 
【活動計画】
 1.引き続き、当クラブの活動を支援し、当ロータリークラブとの交流を図る。
 2.2018年度のインターアクト地区大会のホスト校、ホストロータリークラブとしての経験
   を、他校のインターアクトクラブ、提唱ロータリークラブに伝えたい。
 
 
■ロータリー財団委員会

委員長 小松 忠男

【運営方針】
 ロータリー財団の使命は、ロータリアンが地域社会の人々の健康状態を改善し、教育への
 支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにす
 ることと書いてあります。
 当財団は非営利組織であるため、財団支援者の方々からの自発的な寄付のみによって支え
 られています。この寄付はロータリー財団の補助金となり、助けを必要とする地域社会に
 持続可能な変化をもたらす活動に役立てられています。
 岡山北西ロータリークラブではここ数年地区補助金を使った活動をしています。またグロ
 ーバル補助金を使った活動に挑戦したこともありました。
 補助金は他にも例えば職業研修チームを派遣したりあるいは平和と紛争解決の分野の専門
 能力修了証の取得を目指す学生にロータリー平和フェローシップを提供したりすることも
 可能です。
 会員の皆様と一緒にいろんな補助金の使い方について考えていきたいと思います。
 
 
会 場 監 督

 S.A.A. 笠原 英司

【運営方針】
  全会員の積極的な例会出席と、会員相互が親睦を深めることを目的として例会を運営する。
 また、ロータリー会員としての秩序ある行動と、品位あるマナーおよび思考の中で、和やかな
 中にも凜とした雰囲気のある会場作りを目指す。
 来賓・来訪の方には、細心の心遣いでお出迎えからお見送りまでの接遇を心掛ける。
 
【活動計画】
 1.例 会
  1)予定時間内で事業が終わるよう幹事・副幹事・プログラム委員と時間調整を行いス
    ムーズな運営を心掛ける。
  2)例会開始から例会終了までを会議と捉えることの徹底。
  3)2)に基づき、会議中は私語を慎む。必要があれば、メモ等を使用するよう促す。
  4) 会話・メール共に、携帯電話の使用の禁止。致し方ない場合は、退出して使用する。 
  5)会場設営・食事内容等についてはホテルとの協議を行い、常に最善の環境を作る。
  6)夜間例会の運営は、親睦委員会と協力し、配偶者およびご参加の皆様に楽しんで頂
    けるよう配慮する。
  7)例会時にお気づきの点がありましたら、目安箱を用意致しますのでご意見を頂戴し
    たい。
 2.スマイル
  1)30 周年に向けて、スマイルの重要性を会員の皆さんに理解して頂き協力を仰ぐ。
  2)「スマイルをしよう」と思って頂ける様、会員の思いが伝わるように、感謝の気持
    ちでスマイル 発表をする。
  3)スマイル当日合計金額の公表(毎回)および、月初に前月のスマイル額を発表する。
  4)就労継続支援事業所への協力として、例会前後に会場内において焼き菓子の販売を
    し、その収益(10%)をスマイルとして加算する。(小松原会員に御指導頂きます。)
 3.その他
  1)ビジターの方への積極的な話しかけを心掛ける(親睦委員会に依頼)
  2)新会員が、例会に出席したくなるような心遣いを会員全員で心掛ける。
 
 
■クラブ財政

会 計 仲田 錠二

【任務】
 クラブ細則に基づき、資金・帳簿・その他クラブ財政についての資料を管理保管する。
 クラブ財政状況を、他理事会の要求ある毎に、その説明を行い、その他通常その職に付随す
 る任務を行う。
 その職を去るに当たっては、会計はその保管するすべての資金・計算帳簿・その他あらゆる
 クラブ財産を、後任者または会長に引き継ぐものとする。
 
【運営方針】
 クラブ細則に基づき運営することを原則とし、適正な財政運営を実行するが、実務上の帳簿
 ・資金保管・金銭出納業務は事務局に委託する為、月に一度、業務指導管理を行う。
 また、健全で透明性のある財政に取り組む。

【活動計画】
 1.理事会の決議に基づいたクラブ財政管理を遂行。
 2.委員会活動に伴う支出は、各担当委員長に確認及び押印をしていただく。
 3.個々の支出については、請求書・領収書等をチェックし、不明瞭な支出を防止する。
 4.クラブの試算表をこまめにチェックし、必要に応じて理事会で説明する。
 5.地区補助金事業の会計を適正に遂行。
 6.次年度予算作成においては次期幹事等に助言を行う。